本文へスキップ

十三仏の一尊 阿弥陀如来のお話。お葬式や家族葬における存在 大子町 家族葬 大子造花店

TEL. 0295-72-0127

〒319-3526 茨城県久慈郡大子町大字大子690

十三仏の一尊 阿弥陀如来のお話CONCEPT amida

(←文字サイズが小さいと思った方は、こちらで調整ください。)
携帯番号 090−4371−6039

如来にあって、身近な存在の阿弥陀如来。あみだくじは阿弥陀如来の後光に似ているところから来ています。

ンマンダブ。。。ナムアミダブツ。。。ナンマイダナンマイダ。正しい言い方など問わない。音が重要、手を合わせることが、阿弥陀如来への帰依を意味する。

正しくは南無阿弥陀仏、なのでしょうが阿弥陀如来やその関連する仏さまは細かいことを問わないと思います。何とかしてください、怖いよー、の時に阿弥陀如来に頼めば、何とかする、何よりも正しく解決に導く、という考え方が南無阿弥陀仏、他力本願の考え方らしいです。※他力とは阿弥陀如来の力です。そこに願え、という事です。

困ったり、迷ったりしたら、南無阿弥陀仏→阿弥陀如来にすべて任せた!→気分が楽になると同時に解決。
これが他力本願の基本らしいです。自身の力よりも、阿弥陀如来の力のほうが正しく、強大であるという事です。

つまりは、自身の力のみならず、阿弥陀如来に(天に)なげて、正しい道に導かれるようにしなさいという事です。人の力は限られ、間違いがちだからです。

非常に好都合な考え方ですが、少なくとも皆様の気持ちが安らぐのなら、これ幸いなのです。阿弥陀如来はありがたい存在です。大昔から、阿弥陀如来は愛され、南無阿弥陀仏が唱えられています。効果は高いようですね。

曼荼羅図では、中大八葉の西(向かって下)におわします。西方極楽浄土というかの有名な天国をお持ちの如来です。

如来→仏は何やら菩薩(悟りを求めるもの。)に比べて縁遠く感じてしまいます。しかしながら阿弥陀如来は我々衆上に、身近に温かく仏心を与えていただいている感じがします。ありがたき存在です。

皆様も何か困ったり迷ったりしましたら、南無阿弥陀仏、ナンマンダブ、ナンマイダーでも大丈夫だと思いますから、心を楽にできるように願っております。

阿弥陀如来は三回忌の追善供養にて拝むとよい追善供養できるといわれておりますので、お葬式終了後その時期になりましたら、阿弥陀如来に手を合わせていただければと思います。




様々なお寺などめぐることもあるかとは思いますが、皆様もそれぞれの仏さまに折を見て、感謝を込めて手を合わせていただければと思います。

バナースペース

コロナ禍のお葬式・家族葬

大子造花店

〒319-3526
茨城県久慈郡大子町大字大子690

TEL 0295-72-0127
FAX 0295-72-0127

携帯番号 090-4371-6039