本文へスキップ

十三仏の一尊 文殊菩薩のお話。お葬式や家族葬における存在 大子町 家族葬 大子造花店

TEL. 0295-72-0127

〒319-3526 茨城県久慈郡大子町大字大子690

十三仏の一尊 文殊菩薩のお話CONCEPT monju

(←文字サイズが小さいと思った方は、こちらで調整ください。)
携帯番号 090−4371−6039

知恵の仏として非常に有名な文殊菩薩です。

人寄らば文殊の知恵。ということわざがあるくらい、知恵の仏さまとして文殊菩薩はあがめられております。曼荼羅図では、中大八葉の上(東)に遍知院、釈迦院の次に現れるのが”文殊院”です。世の中に役立つ知恵の象徴です。学問的な知恵なのでしょうか。

大昔に、釈迦の弟子に非常に理屈がすごくて中々接しずらい人がいたそうです。みんなそのお弟子さんのところに行くのが嫌だったのですが、文殊様が訪れて、よくお話したところ非常に納得し心を開いたという逸話があるほど、人との対話やその聡明すぎた知恵のほどがうかがえるのです。

また、この文殊院の門傍に、やはり観音菩薩様がいらっしゃいます。観音菩薩の働きぶり、影響のほどはすごすぎますね。

中大八葉、向かって右(南)にいらっしゃる開敷華王如来(カイフケイオウ)と下(西)の阿弥陀如来の間、南西の方角に文殊菩薩は座して、中大八葉の存在の補佐を行っている大変重要な菩薩様です。中心的な存在の菩薩様です。

文殊菩薩は釈迦如来の脇侍菩薩としても有名で、普賢菩薩とともに釈迦如来を補佐したりしております。

また、文殊菩薩は三七日の追善供養にて拝むと、よい追善供養できるといわれておりますので、お葬式終了後その時期になりましたら、文殊菩薩に手を合わせていただければと思います。

頭のよくなりたい方、知恵を得たい方は、文殊菩薩を信奉すればいいことがあるかもしれません。




様々なお寺などめぐることもあるかとは思いますが、皆様もそれぞれの仏さまに折を見て、感謝を込めて手を合わせていただければと思います。

バナースペース

コロナ禍のお葬式・家族葬

大子造花店

〒319-3526
茨城県久慈郡大子町大字大子690

TEL 0295-72-0127
FAX 0295-72-0127

携帯番号 090-4371-6039