本文へスキップ

十三仏の一尊 釈迦如来のお話。お葬式や家族葬における存在 大子町 家族葬 大子造花店

TEL. 0295-72-0127

〒319-3526 茨城県久慈郡大子町大字大子690

十三仏の一尊 釈迦如来のお話CONCEPT shaka

(←文字サイズが小さいと思った方は、こちらで調整ください。)
携帯番号 090−4371−6039

釈迦如来は我々仏教の中心的仏といわれております。

迦如来が始まりであり、釈迦如来が仏教の中心を心がけてもよい。曼荼羅図では、釈迦院におわします。中大八葉(曼荼羅図の中心。八尊の仏。)の南に遍知院があり、中心に大日如来の印を表す三角の炎。両側に4尊菩薩様がいらっしゃって(一尊は准胎観音。)、その上(南)に釈迦院がございます。

この釈迦院の入り口には観音菩薩がいらっしゃいます。中大八葉の北西に位置する仏も観音菩薩です。よくお働きになっております。

釈迦院は釈迦の生前の悟りに向かう修行の姿が、聖人として描かれております。

釈迦は中大八葉に描かれてはおりませんが、中大八葉を眺め見るには、釈迦如来を通してしか見ることが出来ないといわれております。

我々の仏教は、釈迦如来が始まりであり、釈迦如来が中心であると説かれております。

文殊菩薩も普賢菩薩も、観音菩薩も地蔵菩薩も不動明王もありとあらゆる菩薩が釈迦如来を信奉してやみません。我々仏教の中心といわれております。

それを証明するかのように、本尊を釈迦如来にする宗派は非常に多いです。
曹洞宗、臨済宗、天台宗、日蓮宗などです。

ちなみに、般若心経の中で知恵の完成に関する説法を釈迦の弟子舎利子に観音菩薩が話しておりますが、傍らでは釈迦如来が耳を傾けていて「その通りです。」といったとき、その場は大歓喜に包まれたそうです。

お葬式における例えば、枕飾りは釈迦入滅(死去)の際を表しております。北枕や西に顔を向ける風習は釈迦の入滅の姿から来ております。菊の花一輪は弟子がそれを携えて供えた為。燈明は、仏の道を表しており、枕花や枕飾りは当時のお釈迦様の頭を狙う魔物から釈迦の体を守っております。その風習をそのまま今に生かしております。

お葬式や家族葬時のたまに見かけます、たくさんの細かく刻んだ白い紙を棒に張り付け、枝葉のように表現した物を祭壇に飾ることがあります。これは四華花と呼ばれ、釈迦入滅時に沙羅双樹の花が咲き乱れたことに由来しているようです。


釈迦如来は、お葬式・家族葬における中心ともいえる存在なのでしょう。

ちなみに、釈迦如来にも浄土がございます。霊山浄土と呼ばれるありがたい浄土をお持ちです。
故人様が釈迦如来に導かれ、まっすぐにその霊山浄土に向かわれますようお祈りするとよろしいでしょう。

また、釈迦如来は二七日の追善供養にて拝むとよい追善供養できるといわれておりますので、お葬式終了後その時期になりましたら、釈迦如来に手を合わせていただければと思います。




様々なお寺などめぐることもあるかとは思いますが、皆様もそれぞれの仏さまに折を見て、感謝を込めて手を合わせていただければと思います。

バナースペース

コロナ禍のお葬式・家族葬

大子造花店

〒319-3526
茨城県久慈郡大子町大字大子690

TEL 0295-72-0127
FAX 0295-72-0127

携帯番号 090-4371-6039